ジーヴ(GEEV)の正しい使用方法は?【効果的な使い方】

ジーヴ 効果的な使い方

 

ジーヴ(GEEV)は今話題になっていますが、早く効果があらわれるように、正しい使い方を知りたいですよね。ジーヴ(GEEV)の効果的な使い方を調べてみました。ジーヴ(GEEV)を購入して肌をツルツルにしたい方は効果的な使い方を知って、更に効果を高めましょう。また、ジーヴ(GEEV)を使っているけれどもあまり効果を感じていないという方も効果的な使い方で使っているか、見直してみましょう。

 

ジーヴ(GEEV)の使い方

ジーヴ(GEEV)をどうやって使っていいのかわからないという男性も多いと思います。

 

ジーヴ(GEEV)の効果を生かす使い方をご紹介しましょう。たったの10秒でできますので、試してみましょう。

 

洗顔しよう!

ます、洗顔をします。今持っている洗顔料や、なければ水洗いをして、汚れをしっかりと落としましょう。

 

この時に、オイリー肌ならば、皮脂汚れをしっかりと落としてくれるタイプ、乾燥肌の方ならば保湿タイプというように使い分けると特に効果を期待できます。

 

洗顔料をしっかりと泡立てて、優しく包み込むようにくるくると動かすようにして洗いましょう。この時、ゴシゴシと力強く洗うと肌を痛めてしまいます。優しく洗うように注意してください。

 

仕事の後やレジャーで動き回った後の肌というのは、自分が思っている以上にずっと汚れています。特に小鼻の周りや額は汚れが残りやすいところなので、ここを意識して洗顔をしましょう。

 

ゴシゴシと強く洗うと、肌のトラブルリスクを高めてしまうので、優しく丁寧に洗うことに集中してください。

 

タオルで拭こう!

次に、タオルで顔を拭きます。濡れている顔全体を清潔なタオルで優しく拭きましょう。顔に水分を残さないようにしっかりと優しく拭きとります。

 

タオルは硬い素材だったり合成繊維のものを使うと、肌への負担がかかりやすくなってしまいます。コットン素材の肌触りが優しいタオルを準備して、洗面スペースに常備しておくと便利です。

 

お持ちでない方は肌荒れに良いタオルを探しましょう。赤ちゃんがいる家庭ならば、共用で使うのがいいですね。

 

しっかりと水気を落とすことによって、清潔な状態をキープすることができます。

 

汚れたタオルを使用すると、逆効果です。洗面台のタオルは、毎日交換して、清潔を保つようにしましょう。

 

ジーヴ(GEEV)をつけよう!

最後にジーヴ(GEEV)をつけます。手の平にジーヴ(GEEV)を3〜4プッシュ出します。両手で薄く伸ばしましょう。手の平で十分になじませると、肌への浸透率が高まるためです。指と手の平全体を使って、優しく押し当てるようにしみ込ませるようにしましょう。

 

女性はよくこの時にコットンを使用して化粧水をなじませたりしますが、コットンでしなくても大丈夫です。手の平や指でなじませるだけなので簡単ですね。

 

まんべんなく広げることで肌への浸透率が高まりますので、塗り残しがないようにまんべんに広げましょう。ポイントは手の平を使って優しく押し当てることです。

 

朝晩のお手入れを基本に、髭剃りの後やジム帰りなどに使いましょう。これだけでOKなのがジーヴ(GEEV)の魅力です。

 

>>ジーヴ(GEEV)の詳細はこちら